2006年 08月 26日
画像タイプと現像ツール
旅先から投稿したこの風景、前回はJPEGをお試しアルバムソフトで整えてアップしたものですが、
今回は同時保存のRAWをAdobe Photoshop CS2にて現像してみました。

f0055239_21502955.jpg
(Camera:EOS-1D MarkII Lens:EF70-200mm F4L USM)




これは前回アップのもの。JPEGを PaintShop Photo Album 5のお試し版でレタッチしてます。
ダイナミックレンジが狭く、彩度を上げると、空の色が簡単に破綻してしまいます。

f0055239_21544769.jpg


ちなみにEOS-1D MarkII は原則的にレタッチを前提とした素材としてのJPEG画像を生成します。
シャープネスが弱く、色も忠実で浅めになります。もちろん設定次第で撮って出しの絵も作れますが、、、
この辺を期待するなら、新型に搭載されているピクチャースタイルを使いたいですね。

こちらは、同じJPEGをAdobe Photoshop CS2で整えた絵です。海の色は、RAWと少し違いますが、かなり検討してますね。
つまり、RAWとJPEGの違いもさることながら、ツールの実力差も考慮する必要がありそうです。

f0055239_2261796.jpg

[PR]

by gallerybb | 2006-08-26 22:17 | Fuukei | Comments(0)


<< 晩夏      デジタルあいりん(CMOS) >>